コンテンツへスキップ
試験について

第51回試験合格に向けたテキスト選び

実際に手に取って選んでみました。

書店には個人情報保護士試験向けの書籍がたくさん売られていてどれにしようか迷いませんか?

みなさんの時間節約のため、実際に購入し比較してみました。

その結果選んだのが下記の2冊です。

最良の過去問集

 

なぜこの問題集をおすすめするのか?

この問題集が個人情報保護法改正後の問題だけを集めたものだからです。

平成29年5月末に改正個人情報保護法が全面施行となったため第47回試験(平成29年6月実施)から課題Iの出題内容が大きく変わりました。

法律改正によりそれまでは存在しなかった概念が問われるようになっただけではなく、古い過去問の中には出題時から答えが変わってしまい改題が必要になったものもあるのです。

したがって、古い過去問集を使う場合は法律改正の影響を受けていないか注意しなければなりません。

その点でいいますとこの過去問集は第47回試験以降の問題ばかりを集めたものなのでそのような心配は無用、ということになります。

新・定番テキスト

このテキストは他のテキストと比べると分量が多いので、敬遠する受験生が多いかと思います。

しかし、第49回試験、第50回試験ではこのテキストだけが解説している事項が多く出題されました(特に課題II)

第49回試験、第50回試験で合格基準点の引き下げ措置が行われるほど受験生の得点が低かった理由の一つは、おそらく利用者が多くはないであろうこのテキストを出題のタネ本にしたからではないかと思っています。

第51回試験でもこの傾向が続くとは限らないのですが、合格可能性を高めたいのであればこのテキストを無視することはおすすめしません。

ただ、698ページもあるので1ページ2分のペースで読んだとしても通読に23時間かかります。

まずは、上の問題集を完全につぶして基本事項・既出事項を即答できるようにする。

それから、このテキストを眺めてなじみのない用語があればそこだけ熟読する、という使い方がいいのではないかと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。